カテゴリー
未分類

レインドロップから得た気づき~心へのストレスはこうして体に表れる

f:id:emu777:20180225221740j:plain

※今回はFreePhotoより素敵なお写真を使用させていただいております。

 

先日、久しぶりにレインドロップトリートメントを受けてきました。

ふと思い立って、前日に予約をしたので難しいかな、と思っていたのですが、今の私に必要なことだったようで、無事に予約&施術を受けることができました。

 

レインドロップとは、アロマオイル(精油)を原液のまま、雨垂れのように脊椎に沿って垂らし、植物のエネルギーを体内に取り込んで心身の不要なものを排出して浄化する、というテクニック。

ヤングリビング創設者、ゲリー・ヤング氏が、ネイティブ・アメリカンが行っていたオーロラのエネルギーを体に取り入れて心身の不調を癒す儀式から着想を得て考案したと言われています。

一般的にはアロマトリートメントのようなマッサージ要素のあるトリートメントではなく、フェザータッチのトリートメント、という言葉の方がしっくりくる施術が行われます。

けれどもレインドロップのテクニックは、施術サロンや施術者によって独自の改良を加えているところが多いようで、少しずつ違うようです(ということを今回初めて知りました)。

 

今回、私がお世話になったサロンのレインドロップは、リラクゼーション、というよりは指圧要素も入っており、固まっている部位をグイグイほぐされ、施術中はけっこう痛くて、自分の体が思った以上にボロボロだったことに気づかされました(笑)。

でも、終わった後は体がすごく軽くなってビックリ。

適切な表現ではないと思いますが、個人的なイメージは「背骨の筋膜リリース」だったので、(繰り返しますが、個人的なイメージです)今後の経過によっては定期的に通いたいなと思いました。

(ただ、事前に説明を受けたとおり、好転反応も1時間後くらいには始まり、打ち身のような痛み、筋肉痛のような状態が続いているので、現在様子見です)。

また、現在乾燥で全身の肌がかなり敏感になっているので、原液の精油は刺激にならないか心配でしたが、やはりヤングリビング社の精油は合っているのか、まったく問題ありませんでした。

以前、アロマテラピーアドバイザー資格を取ったことがあるのですが(会員費を払うのをやめたため、現在はアロマテラピー検定1級合格)、私が学んだのは英国式で、フランス式ですと精油を飲用する、という使い方もあるそうです。

怖いけれどちょっと試してみたいです。

 

そろそろ本日の本題に入りますね。

施術後に指摘されてハッとしたことがありました。

それは、心のストレスの体への表れ方。

簡単に言うと、能動的なストレスは体の右側、受動的なストレスは体の左側に出やすいのだそうです。

私の場合はまんべんなく全部痛かったのですが、背中中央の左側と、首の右側に特に根強い凝りというか固さ、私の体感で言うと「ものすごい痛み」がありました。

他人からの影響を受けやすく我慢してしまうことが多く、感情を溜め込みやすい、というのはわかっていたことなのですが(左側の症状)、

「もっともっとがんばらなくちゃ」という気持ちが、気づかずないうちに、自分で自分を追い詰めてしまっていたこと、そしてそれがストレスになって気づかないうちに体の奥深くに蓄積してしまっていたことについては目からウロコが落ちる思いでした。

この時も、「体が浄化されているだろうから、食べる物に悩みます」という私の言葉から、「それも体に出てしまう原因になる」と言われたのがきっかけでした。

自分を良くしたい、という思いも時に自分へのストレスとなり、心のストレスは、無自覚でも必ず体には何らかの形で影響するようです。

今回は、「もっともっとがんばらなくちゃ病」に歯止めをかけてもらったような気がします。

様々な気づきに感謝です。ありがとうございました。

 

皆様も体の不調を感じることがあったら、それが右側なのか左側なのか、まずはちょっと意識してみてください。

もしかしたらご自身の気づいていなかったストレスの原因に気づけるかもしれません。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

皆様が日々、心身ともに健やかに過ごすことができますように。

 

 

カテゴリー
未分類

幸せの土台には心身の「健康」がある。

f:id:emu777:20180219151445j:plain

ここ数週間、友人の健康診断の再検査の話や同世代の知人の病死など、身体の健康について考えさせられることが増えています。

1年単位で考えると、知人が自死を選ぶということもありました。

年齢や働き方が近いということもあり、決して他人事ではないなと色々考えさせられています。

 

人間には寿命があり、自分の寿命がどのくらいなのか、ほとんどの人にはわかりません。

いつ何が起こるかわからないこのご時世、明日の命の保証もありません。

 

人間はいつか死ぬ。

けれども、それが明日なのか、何十年か先のことなのか、わからないのが現状です。

 

ただひとつわかることは、生きている以上、幸せな時間を過ごすことが、“より良い生”に繋がるということ。

そしてその幸せのためには、幸せに生きるためには、心身の健康が不可欠であるということです。

 

では、幸せの土台となる心身の健康を保つにはどうすればいいのでしょうか。

 

情報社会となった現在、巷には様々な情報が溢れています。

身体の健康に関する話題は流行のように、新しいものが出ては消えていきます。

人間関係も複雑になり、プチ鬱などの症状が比較的軽いと言われているものも含めると、精神的不健康の方は増える一方。

 

そんな中、私がまず初めに必要だと思ったのは、自分なりの心身の健康について考えること。

そして、自分の身体にも心にもフィットする環境で、自分に合った生き方をする。

それに尽きるのかなと思います。

 

心身の健康を保つ方法も多様化しています。

というよりは、本来外見も内面も違う個である人間が同じ方法で同じように生きられるわけはなく、それが少しずつ浸透してきたからこその情報の多さなのだと思うんです。

だから、世間一般の知識を参考にして、自分なりの健康の保ち方を考える。

もっと簡単に言うと、自分の感覚で“我慢をしないこと=ストレスを溜めないこと”と“節制=自分を甘やかしすぎないこと”のバランスをとることかなと思っています。

 

自分らしく生きることに正解はありません。

自分の心と身体と向き合い、自分で答えを見つけていくしかないのだと思います。

それがきっと、幸せの土台となる心身の健康の保ち方。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

皆様が幸せの土台となる心身の健康を維持し続けることができますように。

 

 

カテゴリー
未分類

スイーツがもたらす幸福感と、それ以上の不幸

f:id:emu777:20180214132627j:plain

 

おはようございます。

健康管理士一般指導員のemuです。

昨日のバレンタインデーは素敵な1日となりましたか?

昨日はチョコレートを楽しんだ方も多いと思いますが、自分への戒めも兼ね、本日は注意喚起のブログを書きたいと思います。

 

チョコレートに限ったことではありませんが、甘い物を食べると幸せな気持ちになる、という方は多いと思います。

それは「脳内報酬系」と呼ばれる脳内の仕組みによるもの。

スイーツなどの甘い物や糖質は、この脳内報酬系を刺激し、快感を生じさせることが動物実験などでもわかっているそうです。

嗜好や体質によっては甘い物が苦手な方もいると思いますが、多くの方は、この脳内の仕組みにより、幸福感を体感することができているのです。

 

けれどもこの幸福感をもたらすスイーツが、一方では私たちが認識している以上に身体に悪影響を及ぼしている可能性があるとしたら…。

実は今、私は糖分の摂取を意識して控えています。

それは、ついつい甘い物を食べる癖がついてしまい、「糖中毒」になっている可能性があるからです。

糖分や糖質には中毒性があり、特に甘味にはドラッグ以上の強い中毒性があることが実験で明らかにされています。

そのため、意識して摂取量を減らさないと、必要以上に糖分を摂取してしまうのです。

 

糖を摂り過ぎると、身体は「糖化」すると言われています。

「糖化」は「酸化」と同じく老化を促し、様々な病気の原因となることが指摘されている現象。

酸化は身体を「錆びつかせる」、糖化は身体を「焦げつかせる」などという例えで表現されています。

身体を酸化させない、糖化させないことが、健やかな身体を保つためには必要なことなのですが、実は、チョコレートなどのお菓子やスイーツは高GI値(急激に血糖値を上げる)食品と言われ、糖化を特に促進しやすい食べ物。

幸福感を私たちにもたらしてくれる一方で、身体に様々な害、ひと時の幸福感以上の「病気」という不幸ももたらしている可能性があるのです。

 

けれども糖分は人間が生きるためには必要な、重要な栄養素でもあります。

よって、完全な糖断ちがいいというわけではありません。

また、糖分や糖質を含む食品は非常に多いため、糖の摂取量を減らすというのも、意識的に行わないとなかなか難しいこと。

では、どうすればいいのかというと、

・糖分や糖質の摂取量を適切に保つ(食べ過ぎない)

・急激に血糖値を上げない低GI食品を食べる

・血糖値を上げない食べ方(最初に食物繊維やたんぱく質から食べるなど、食べる順番を変える)

などを意識することが大切になってきます。

 

スイーツなどの甘い物が私たちにもたらしてくれる幸福感は一瞬。

けれどもその代償による不健康という名の不幸は一瞬で終わるものではありません。

欲望のままに今の幸福感を優先せずにコントロールすることが未来への幸せにつながっていくとも言うことができます。

最近はギルティフリー(罪悪感を覚えずに楽しめる)スイーツも増えてきています。

食べる物、そして食べる量、食べる順番などを意識して、スイーツなど甘い物による今の幸せ、そして未来の幸せのバランスをとることが理想です。

私自身、甘い物を減らすことに苦労していますが、「欲しているのは身体に必要だからではなく、単純に脳の仕組みによるもの」と考えて奮闘中です。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまがスイーツによる幸福感とともに、健やかな身体を保ち続けることができますように。

 

 

カテゴリー
未分類

ハッピーバレンタインデーの運気予報とおすすめの過ごし方

f:id:emu777:20180210091617j:plain

もうすぐバレンタインデーですね。

とてもたくさんのチョコレートが出回るこの時期は、チョコレート好きの私としてはとても楽しい&嬉しい時期。

けれども一方で、バレンタインデーを憂鬱な日、嫌いな日、と思っている方もいらっしゃるようで…。

その原因は「義理チョコ」。

 

先日、GODIVAが「日本は、義理チョコをやめよう。」という広告を日経新聞に掲載して話題となりました。

その後も各メディアで義理チョコ論争が繰り広げられているようですが、皆さんはどのような感想をお持ちになりましたか?

GODIVAの想いとしては、「バレンタインは社内の人間関係を調整する日ではなく、恋愛感情や日頃の感謝など心からの気持ちを伝える日。義理チョコはバレンタインデー本来の意義からかけ離れているため、不要である」との考えから、今回の広告掲載に至ったそうです。

だから男性のみなさんから、とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちにまずひと言、言ってあげてください。『義理チョコ、ムリしないで』と。

この1文がどれほどの効力があるかはわかりませんが、実際にこのような1言が職場などのコミュニティーで言われたとしたら、毎年困っていた女性はホッとするかもしれません。

 

こちらのサイトでは広告の全文と、ゴディバ ジャパンの社長さんへの取材記事が掲載されています。

https://www.j-cast.com/2018/02/04320230.html?p=all

「義理チョコは必要か不要か」。

この広告が発端となって始まった義理チョコ論争でまず始めに私が驚いたことは、世の中に義理チョコで悩んでいる方が多かったということでした。

属しているコミュニティなどでの独自のルールもあると思うので、その状況を知らない私が簡単に言えることでもないとは思うのですが、どのような環境・状況であれ、個人的には自分が嫌な気持ちになってまでチョコレートを用意する必要はないと思っています。

私にとってバレンタインデーは、「いつもきちんと伝えられているかわからない感謝を改めて伝えることのできるいい機会」。

だから、言葉でも行動でも物でも、何かしらの形で常に感謝の意を表すことができている方には必要のない日かもしれません。

 

私はここ数年、男女関係なく、いつもお世話になっていて、バレンタインデーの前後にお会いする機会のある方には日頃の感謝をこめてチョコレートをお渡しするようにしています。

と言っても、お相手の方がお返しを考える必要のない、「高級感やプレミア感はあるけれどもちょっとした物」であることは心がけています。

例えば、この時期にしか購入することのできない高級チョコレート1~2粒とか、チョコレートバーを1枚とか。

もっとライトな場合は、リンツのリンドールを缶で購入し、1~2個をお配りします。

このように書くと、チョコのバラまき政策のように思われるかもしれませんが、(ある意味バラまいておりますが)、お世話になっていない方、好きではない方にはもちろんお渡しすることはありません。

その方に対して、「チョコレートをあげなければいけない理由」が私にはないからです。

 

人生は自分のもの。

人間は1人では生きてはいけない、とも言いますが、義理チョコを渡さなければ壊れてしまう関係性なんてそもそも必要ないと思うので、「義理チョコをあげる行為」が嫌だと思う方、する必要性を感じない方は、しなければいいと思います。

また、人間は、自分の意思とは別に「誰かにやらされていること」には抵抗感が生まれます。

だから自分が主体となり、日頃の感謝とともに、周囲との人間関係を円滑にする目的など、自分が主体となって行動することで感じ方も変わるかもしれません。

バレンタインのチョコをきっかけに普段は関わることのないお偉方との親交を深め、仕事を成功させたという強者の話もチラホラ耳にするので、「自分のためにバレンタインデーをどう活用するか」という視点で考えてみるといいかもしれませんね。

チョコレートが嫌いじゃなければ、他人ではなく自分への感謝、またはご褒美として、自分のために、普段は食べることのできない海外の有名ショコラティエのバレンタイン限定チョコレートを買う、というのもおすすめです。

 

バレンタインデーを「どう捉えて」、「どう活用して」、「どう過ごすか」は自分次第。

素敵な日になるかブルーデーになるか、それともいつもと変わらない日になるか、すべてあなた次第です。

いつもと同じ1日が一番、という方はそのように。

特別な1日にしたければ、華やかなムードに乗っかってみる。

天体では、明日11日に金星が魚座入りし、バレンタインデー前後はロマンチックなムードが高まる星回りとのこと。

愛や優しさが増え、ロマンスが生まれたり、新たなときめきを感じる人も多くなる時期のようですので、お相手のいる方は素敵な時間を過ごすことができそうですよ。

バレンタインデーの告白は年々減ってきている、というお話も聞きますが、想いを打ち明けるという方も、天体のバックアップはバッチリ!

ぜひ、ご自身に幸せをもたらすバレンタインデーをお迎えください。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまが幸せな気持ちでバレンタインデーを迎え、素敵な1日を過ごすことができますように。

 

 

カテゴリー
未分類

幸せを搾取されない生き方。「私には価値がある」。心の底から言えますか?

f:id:emu777:20180205171506j:plain

 

こんばんは。

先日話題となった、スーパームーン、ブルームーン、皆既月食が重なった「スーパーブルーブラッドムーン」。

とてもパワーのある月だったようで、無自覚な方も含め、多くの方に様々な変化が訪れているようです。

かくいう私も様々な変化があり、改めて月の力の強さやその影響力を実感したのですが、その時の恩恵でしょうか。

スーパーブルーブラッドムーンの翌日、自分自身のちょっと怖い感覚に気づかされました。

 

帰宅途中のことです。

いつもは車優先の横断歩道で、続けて二度もドライバーの方に道を譲ってもらいました。

その時、私はまず「ドライバーさんが優しい、今日は何だか運がいいのかもしれない」とポジティブな解釈をしました。

でも、すぐにゾッとしました。

なぜなら、横断歩道は本来、歩行者優先。

道路交通法違反をしている人が多いだけで、ドライバーさんが優しいとか私の運がいいとか以前に、それは当たり前のことだからです。

でも、私はその当たり前のことを「とてもありがたいこと」だと思ってしまいました。

 

時折ニュースにもなっていますが、実際、横断歩道で一時停止をして、歩行者優先で運転しているドライバーはかなり少ないそうです。

それに伴う事故も多いそう。

けれども歩行者は、車に轢かれないよう自分の身を守るため、車が通っていない時に道を渡るのが、現状、暗黙のルールとなっています。

 

道路交通法(人が幸せに生きるためのルール)があるにも関わらず、車(強者)が歩行者(弱者)を無視して自分の意向を押し通す。

これと同じようなことが、実は世の中ではたくさん起こっています。

私の身の周りでもこのようなことばかりが起こってしまっていたため、「幸せを搾取されない生き方」を自分に誓ったばかりでした。

そのような意識に変わったからこそ気づけたことかもしれませんが、私が怖いと思ったのは、こういう状況、誰かから、何かから、自分の幸せを奪われているのに、気づかないうちにそれを合理化して無自覚に受け入れてしまい、「幸せを搾取されることを当たり前に思っていた自分の感覚」でした。

 

人間には「幸福順応(快楽順応)」(幸せな状態に慣れてしまうこと)がありますが、今回の私の場合は「不幸順応」。

私は意識的に「幸せになるためには?」を模索する一方で、知らず知らずのうちに無意識下では環境による「不幸順応」に陥ってしまっていたのです。

この「不幸順応」は怖いことに、無自覚なので、知らず知らずのうちに自分の価値を下げていき、自分で自分を不幸にしていきます。

少しずつ少しずつ、「価値のない自分」を無意識下に植えつけてしまい、そのような出来事を引き寄せてしまうのです。

皆さんは気づかないうちに幸せを搾取されていませんか?

無意識下でも自分に価値があると思うことができていますか?

幸せになる価値を自分自身に認めることができていますか?

他者に幸せを搾取される環境は、無意識下で、 自分をどんどん過小評価するような思考に変えていきます。

当たり前のこともしてもらえない自分=その価値もない自分、という事実を無自覚に自分に植えつけてしまい、どんどんそのような現実を引き寄せてしまい、さらに自分の価値を下げるという負のスパイラルを招いてしまうのです。

この「幸せの搾取」からは、自分で身を守るしかありません。

 

まずは自分自身に「幸せになる価値があること」を認めること。

そして、「幸せを搾取されない生き方」をすることを自分自身に誓うことです。

 

すぐに解決できないこともあります。

一生、変えることができないこともあるでしょう。

幸せを搾取されていることに「慣れる」ことが、日々を穏やかに円滑に過ごすためには必要な場合もあるかもしれません。

でも、それを受け入れてしまうことは、結果的に自分を不幸にすることです。

他人の幸せのために自分の幸せを奪われることに疑問を持ってください。

自分を幸せにできるのは自分だけだから。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまがご自身の「幸せの権利」を認め、健やかに守ることができますように。