カテゴリー
小さな幸せ 映画

家族の在り方と幸福感~映画『リメンバー・ミー』

f:id:emu777:20180502130842j:plain

 

本やドラマ、映画、舞台、ライブ、ミュージカルetc.。

日常になくても生きていける、生きていくのに必ずしも必要ではないエンターテインメント。

もしかしたら人生にはもっと大切なものがあるかもしれない。

もしかしたら生きていくのに無駄なものなのかもしれない。

でも、心を豊かに潤すエンターテインメント作品の数々。

 

本日は、3月16日から上映しているディズニー/ピクサー最新作映画『リメンバー・ミー』(吹替版)について書きたいと思います。

ディズニー映画を好んで観る方ではないのですが…

『リメンバー・ミー』を2回も観たという友人に熱烈に勧められたので観たところ、大人が観ても見ごたえのあるストーリーで、要所要所でうるっ。

最後は心がほっとする、心温まるエンディングに癒されました。

中でも、すごく好きだったのが、主人公・少年ミゲル役の石橋陽彩(ひいろ)くんの歌声。

吹替版のキャスト陣は藤木直人さんや松雪泰子さん、渡辺直美さんなど豪華なので、個人的には字幕より吹替版がおすすめです。

(ちなみに友人のおすすめは、字幕・吹替どちらも楽しむことだそうです)。

 

映画『リメンバー・ミー』について

映画『リメンバー・ミー』は、『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』などを手がけるディズニー&ピクサーの最新作。

メキシコの「死者の日」(日本でいうところのお盆)をテーマにした作品で、主人公の少年ミゲルが陽気でカラフルな「死者の国」に迷い込み、そこで出会うご先祖様たちとの交流を経て家族の再生を描いたファンタジー・アドベンチャーです。

監督はアカデミー賞受賞作『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督。

歌曲は『アナと雪の女王』の『レット イット ゴー』を手がけたロバート&クリステン・アンダーソン・ロペス夫妻。

第90回アカデミー賞では、長編アニメーション賞と主題歌賞の2部門をW受賞しています。

また、公開から約2週間で動員数160万人、興行収入20億円を突破し、2週連続で週末の興行収入1位を記録する大ヒットとなっているそうです。

(ディズニー&ピクサーのタッグならあたり前、かも…?)

 

詳しいストーリーはこちら(公式サイトより)

主人公は、ミュージシャンを夢見る、ギターの天才少年ミゲル。しかし、厳格な《家族の掟》によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていた…。ある日、ミゲルは古い家族写真をきっかけに、自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン、デラクルスではないかと推測。彼のお墓に忍び込み美しいギターを手にした、その瞬間──先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまった!

そこは、夢のように美しく、ガイコツたちが楽しく暮らすテーマパークのような世界。しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまう…。唯一の頼りは、家族に会いたいと願う、陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。だが、彼にも「生きている家族に忘れられると、死者の国からも存在が消える」という運命が待ち受けていた…。絶体絶命のふたりと家族をつなぐ唯一の鍵は、ミゲルが大好きな曲、“リメンバー・ミー”。不思議な力を秘めたこの曲が、時を超えていま奇跡を巻き起こす!

 

映画『リメンバー・ミー』(吹替版)の豪華キャスト陣

日本語吹替版の声優陣も豪華です。

プロの声優さんだけでなく、俳優、女優、芸人、アイドル、ミュージシャンなど様々が参加しています。

主人公ミゲル役の石橋陽彩(ひいろ)くんは、歌がうまい小学生として有名(?)だったようですが、この作品が初の大きな活動のようです。

でも、その歌声を聞けば、キャリアなんて関係ない!と思わされるはず。

ミゲルが迷い込んだカラフルな死者の国で、ミゲルと一緒に行動するガイコツ・へクター役は藤木直人さん。

ミゲルのひいひいおばあちゃん、ママ・イメルダ役は松雪泰子さん。

なかなか松雪さんとはわからない上手さを感じました。

あと、中盤の歌声も圧巻!

とても素敵でした。

それから、ミゲルのお父さん役は、NHK『おかあさんといっしょ』の11代目うたのお兄さん、だいすけお兄さんこと横山だいすけさん。

芸術家のフリーダ役には渡辺直美さん。

その他、SKE48のメンバー、ちゅりちゃんこと高柳明音さんや、日本語吹替版のエンディング『リメンバー・ミー』を東京スカパラダイスオーケストラの皆さんと一緒に歌っているシシド・カフカさんも参加されているとのことです。

(残念ながら、ストーリーに入り込んでしまっていて、いつ出てきたのかは気づけませんでしたが…)

 

家族の温かさを思い出させてくれるストーリー

大人でも楽しめる要素のひとつは、シンプルだけど王道なストーリー構成とストーリー展開の秀逸さにあると思います。

ミュージカル好きとしては、作中に出てくる歌と、石橋陽彩(ひいろ)くん、松雪泰子さんの歌声がすごく好きでした。

音楽ってすごい。

と思えると同時に、家族の存在、在り方について考えさせられる作品でもありました。

家族仲が悪いというわけではないのですが…

どちらかと言うと家族との関係性が希薄な私でも、家族っていいな、と血のつながりなどに思いをはせるきっかけに。

また、ミゲルの家族への関わり方の変化も見どころです。

家族との関わり方は人それぞれですが、血のつながりや、生活を共にする人、というのは、生きる上で大きな影響を与え合うとても大きな存在。

関わり方次第で、幸福感はこんなにも変わるのだなと、ストーリーを通して教えてもらうことができました。

ほっこりするエンディングも良かったです。

まだ観ていない、という方はぜひ。

お子様と一緒でも楽しめますよ。

 

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまがご家族といつまでも幸せな時間を過ごすことができますように。

 

www.disney.co.jp

 

 

カテゴリー
エンタメ 小さな幸せ 映画

3度観てもまだ足りない!映画『グレイテスト・ショーマン』の魅力と人を幸せな気持ちにする力

f:id:emu777:20180420183704j:plain

 

本やドラマ、映画、舞台、ライブ、ミュージカルetc.。

日常になくても生きていける、生きていくのに必ずしも必要ではないエンターテインメント。

もしかしたら人生にはもっと大切なものがあるかもしれない。

もしかしたら生きていくのに無駄なものなのかもしれない。

でも、心を豊かに潤すエンターテインメント作品の数々。

 

本日は、アメリカの映画業界史上に残るロングランヒットを続け、日本でもロングランヒットを続けているオリジナルミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』について書きたいと思います。

この作品は、公開してしばらく経ってからも、その映画館での上映終了間際になっても、映画館へ観に行くたびに「チケット完売」の文字を見た、最近の映画では珍しい人気ぶり。

3度目に観に行ったときは、感動するシーンの前に、隣に座っていた女性が必ずハンカチを目元に当てていて、とにかくリピーターが多かったことも、上映終了まで満席に近い人気を誇っていた理由のひとつではないかと思います。

観ると元気になる、幸せな気持ちになれる、いい意味で一種の中毒性のようなものがありました。

大好きな映像3作品のうちのひとつになりました。

 

映画『グレイテスト・ショーマン』について

『グレイテスト・ショーマン』(原題:The Greatest Showman)は、19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築き、活躍した伝説の興行師、P・T・バーナムの成功を描いたミュージカル映画。

製作を手掛けるのは、アカデミー賞最多6部門、ゴールデン・グローブ賞・歴代最多7部門を受賞した2016年の大ヒット映画『ラ・ラ・ランド』の製作チーム。

ミュージカルの肝となる音楽を手がけるのは、同じく『ラ・ラ・ランド』で歌曲賞を受賞したベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのふたりです。

主人公のP・T・バーナムは、『レ・ミゼラブル』で第70回ゴールデングローブ賞最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル)を受賞したヒュー・ジャックマンが演じています。

これらの豪華布陣でできあがった『グレイテスト・ショーマン』は、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、主演男優賞:ヒュー・ジャックマン(ミュージカル/コメディ部門)、主題歌賞:『This is Me』の主要3部門にノミネートされています。

「夢が、踊りだす」というキャッチコピーと、主演のP・T・バーナム役、ヒュー・ジャックマンの笑顔が印象的なメインビジュアルは多くの方が目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

『グレイテスト・ショーマン』のストーリーについて

私はもともとミュージカルが好きなのですが、この作品は初めて観た直後に映画のオリジナル・サウンドトラックを購入し、さらにその後も2度3度と観てしまうほど好きになってしまった作品です。

でも、批評家の評価は激しく分かれているとか…。

 

個人的な意見としては、色々な要素が詰め込まれたストーリーで見せ場も多いのですが、無駄な説明がないので、軽やかにテンポよく、飽きることなく最後まで観ることができました。

歌もダンスもストーリーも素敵で、見せ方もうまく、視覚聴覚に訴えてくる何かに感情が揺さぶられました。

物語の冒頭から泣いてしまいました。

また、この作品には「差別や偏見」など作品が重くなってしまいそうなテーマも含まれているのですが、ライトに、きれいな夢だけを見せてくれる心地よさがあります。

エンディングの家族のシーンも素敵な余韻を残してくれました。

初めて観た時は、その様々な衝撃にしばらく胸がいっぱいでした。

その後も映画鑑賞の予定でしたが『グレイテスト・ショーマン』の衝撃を消化できず、もったいなくて観ることができませんでした。

 

中でも私が好きなのが、P・T・バーナムのパートナーで上流階級出身で大成功を収めた興行師、ザック・エフロン演じるフィリップ・カーライルと、空中ブランコのパフォーマーで一座のスター、ゼンデイヤ演じるアン・ウィーラー の、人種と身分違いの恋のストーリー。

一番好きなシーンは、フィリップとアンが空中ブランコをしながら愛を語り合うシーンです。

歌もこのシーンの曲『Rewrite The Stars』が一番好きです。

見せ方もアクロバティックなのですが、なぜかとても美しいのが印象的でした。

すべてが詰めこまれた王道エンタテインメントです。

 

『グレイテスト・ショーマン』のオリジナルサウンドトラックについて

『グレイテスト・ショーマン』でミュージカルの肝となる音楽を手がけたのは、『ラ・ラ・ランド』で一躍有名になったベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのふたり。

トニー賞助演女優賞ノミネート経験を持つミュージカル女優、キアラ・セトルが演じるP・T・バーナム一座のパフォーマーの髭女、レティ・ルッツが歌う主題歌『ディス イズ ミー(原題:This Is Me)』は、第75回ゴールデングローブ賞で主題歌賞を受賞し、第90回アカデミー賞の主題歌賞にもノミネートされています。

 

こちらは映画を鑑賞する前に友人に教えてもらって見た動画です。

この映像の歌唱だけでも込み上げてくるものがあり、朝から泣いてしまいました。

 

www.youtube.com

 

私だけではなく多くの方が思っていることだと思いますが、やはり圧倒的に音楽が素敵です。

『ディス イズ ミー』だけではなく、すべて主題歌でもおかしくない気がします。

 

最後に、エンディングで紹介されるP.T.バーナムの言葉を。

「最も崇高な芸術とは人を幸せにすることだ」

P.T.バーナム

色々なご意見があるかと思いますが、『グレイテスト・ショーマン』はこの言葉を体現・実現したミュージカル映画だと思います。

少なくとも私は、この映画を観ることで幸せな気持ちになることができました(3回も!)。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

素晴らしいエンタテインメント作品には幸福な気持ちにさせてくれる力があります。

 

 

グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)

 

※公式サイトだけでもかなり多くの情報が得られます。

www.foxmovies-jp.com