カテゴリー
ダイエット 美容 習慣

新月に始めるハッピーボディメイク&ダイエット

f:id:emu777:20180515232258j:plain

 

昨夜、5月15日の20時49分は牡牛座の新月。

新月は、新しいことをスタートするとスムーズに進みやすい時だと言われています。

すでに夏日も多く、薄着になる機会が増えていくこの時期、夏に向けて理想のボディメイク&ダイエットを始めるなら今がおすすめ。

 

スッキリボディーでスタイルアップ[カロバイ+]

 

個人的に、我慢が多く、辛い・苦しいなどアンハッピーになることが多いダイエットは好きではありませんが、自分を幸せにする行動のひとつでもあるかと思いますし、自分をもっと好きになれるボディメイクは自分でも意識しています。

また、肥満は幸せの土台である健康を損なう場合があるので、時にはダイエットも必要なことかと思います。

月のリズムに合わせた体の変化という観点から見ると、新月の今は1ヶ月で一番スリムな時(のはず)。

まずは、今の体重を測りましょう。

また、本気でボディメイク&ダイエットをするなら、体脂肪を測れる体組成計を用意すると良いです(理由は後ほど)。

 

 

 

まずは1か月、体重を測り続ける

私は、ダイエットに一番必要なことは、実は方法論なんかではなく、「自分をよく知ること」にあると思っています。

体質により、適切なダイエットは違います。

また、本当にダイエットが必要なのか、部分的なケアのみのボディケアで十分なのかを見極めることができます。

そのような理由から、まずはレコーディングダイエット、よりも簡単な「毎日体重を記録すること」をお勧めしています。

今すぐ体重を計り、ご自身の状態を把握しましょう。

1か月の体重などの変化を知ることは、一生のボディメイク&ダイエットにも役立ちます。

 

 

できれば体脂肪も測定する

皆さん、よく体重を気にしては「ダイエットしなきゃ」と言っていますが、ほとんどの方が、隠すことのできる体重ではなく、人からはっきりと見られる見た目の体型が一番気になっているはず。

だから、体重を測るだけでなく、体組成計を使って体脂肪率も測りましょう。

同じ質量でも、脂肪と筋肉ではその重さが全然違います。

脂肪は軽くて筋肉は重い。

つまり、同じ体重でも、脂肪の多い方と筋肉の多い方とでは、見た目の大きさが違うのです。

タニタの健康応援ネットでは

・2リットルのペットボトルの大きさで比較すると400gの差
・5リットル=1kgの差

とのこと。

この数字だけですとあまり差がないように思えますが、質量で比較すると、意外と大きさが違うことに驚くと思います。

 

iPhoneアプリでデータ管理のできる体組成計

 

やはり体組成計はタニタさんが人気のようですが、選ぶポイントとしては、

・必要な機能が豊富などの機能性があるもの
・デザインが好み、収納しやすいなどの利便性があるもの

が良いかと思います。

 

 

自分の身体の変化のリズムを知る

新月から満月へと移行するときは食べた物を吸収しやすいため、ダイエット満月から新月に移行するときがダイエットに適した時期だと言われています。

ですので、まずは自分の身体の体重などの変動がどのような起こるかを知るために、数値を記録します。

また、体重、体脂肪率、その他を測定していくと、数日は変動がないことがわかると思います。

そうしたら、測定の頻度を3日に一度、5日に一度、と変更していって大丈夫です。

自分の身体が痩せやすいのか、太りやすいのか、変動しやすいのかを知りましょう。

 

 

※女性固有の周期とダイエットに適した時期については、エストロゲンが多く分泌されるキラキラ期(月経開始8~14日目)~ニュートラル期 (月経開始15~21日目)に行うと効果的です。

詳しくは下記をご参考ください。

www.happy8healthy.com

 

必要なのはダイエット?それともボディメイク?

1か月(少なくとも2週間)数値を測定し、変動の幅がわかったところで、体重計や体組成計などに記載されている標準の数値と照らし合わせます。

ご自身の体重や体脂肪率の数値が標準の範囲内だった場合は、個人的にはダイエットをする必要がないと思っています。

すべきは気になる箇所のボディメイク。

自分の体型にコンプレックスがある方は、まずは鏡で全身を見て、どこが気になるかをはっきりさせます。

このとき、全身のボディバランスを見てアプローチする部位を決めると良いです。

 

初月500円スタート!今すぐ1分ダイエット始めましょう!

 

ちなみに私はお腹を縦に割れるよう、腹筋などでウエスト周りのボディメイクに力を入れています。

以前より腹筋は鍛えられましたが、おへそ周りの脂肪が見た目にも落ちず苦戦しています。

 

 

最初は体重をはじめとしたそれぞれの数値を記録し変動を把握することが大事なので、自分の体質を明確にするためにも、食生活を大幅に変える必要はありません。

けれども、新月から満月は食欲の増加や吸収率が高まる時期=太りやすい時期なので、暴飲暴食や高カロリーな食べ物、食べる時間帯には注意が必要です。

続きはまた後日。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

月のリズムを生かし、皆さまが健やかにスムーズに理想のボディメイクを実現できますように。

 

 

 

 

カテゴリー
幸せに関すること 月に関すること 習慣

満月のThanks Letterで自他ともにハッピーに

f:id:emu777:20180424134235j:plain

 

明日は満月。

満月は、良いこと悪いことの区別なく様々な吸収力が高まる時だと言われています。

例えば海が大潮になるなど、地球の水が膨張する時でもあるので、体内に水分を含んでいる人間にも影響は及びます。

特に女性は男性よりも体内の水分量が多く、ホルモンの影響もあるので、月の影響を受けやすいそう。

過食気味になったり怒りやすくなるなど、ポジティブな感情もネガティブな感情も高まりやすくなります。

そんな満月の日のポジティブアクションは「感謝する」こと。

満月の日は「感謝」のエネルギーにも満ちていると言われています。

今回、私が初めてチャレンジしようと思っているのが、「感謝の手紙を書くこと」です。

これは『ハーバードの人生を変える授業』内に書かれているワーク。

 

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

 

マーティン・セリグマン教授がポジティブ心理学の講義内で、お世話になった人に感謝の気持ちを表す手紙を書き、その人を訪問して手紙を読み上げるという「感謝の訪問」という課題を学生に与えたところ、感謝を捧げる側、受け取る側双方に大きな恩恵をもたらしたそうです。

感謝の気持ちを表現する方法はたくさんありますが、感謝の手紙を持参して読み上げることは特別に大きな効果をもたらすとのこと。

1通の感謝の手紙で幸福感は増すそうです。

ただ、その高揚感は一時的なものなので、理想としては毎週、少なくとも月に1度は手紙を書くと、その効用をずっと長続きさせることができるとのこと。

方法としては、

①感謝している人をリストアップします。
②その人がしてくれたこと、その人のどこに感謝しているかを考えます。
③そしてその率直な気持ちを手紙につづります。
④感謝の手紙を出します。できる方は、その手紙を自分で届けます。

手紙は書くだけでも効果があるとのことなので、いきなり感謝の手紙を渡すのは相手もびっくりするのでは?という方は、まずは書くだけ、でもいいと思います。

私は月に1度の満月、手紙を書くことから始めようと思っています。

 

感謝の気持ちは幸福感を高め、ポジティブな気持ちにしてくれます。

満月の日には感謝の気持ちで幸福感を高める時間をつくってみてはいかがでしょうか。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

幸せあふれる素敵な満月の夜になりますように。

 

 

カテゴリー
体の健康 小さな幸せ 習慣

幸福感を高める朝のお散歩

f:id:emu777:20180426065127j:plain

 

おはようございます。

ここ数日、ぐずついたお天気が続いていましたが、今朝の東京は気持ち良く晴れました。

昨夜、遅い時間までパソコン&スマホに向かっていたら眠れなくなってしまい、眠りにつく前に朝になってしまったので、寝るのを諦めて早朝散歩へ行ってきました。

この時期の日の出は東京だと5時前。

5時半にはすっかり明るくなっていて、すでにウォーキングやランニングをしている方をお見かけしました。

普段はこんなに早い時間に外出するのはなかなか難しいですが、実は、空気が澄んでいる早朝散歩は気持ちがいいのでけっこう好きだったりします。

 

朝のお散歩は心身の爽快感だけでなく、

・太陽光で、自律神経を副交感神経から交感神経に切り替える。

・歩くこと(リズム運動)でハッピーホルモンのセロトニンを増やす(→セロトニンは夜になると睡眠ホルモンのメラトニンに)。

などの効果もあるので、幸福感を得やすいのです。

 

また、乱れがちな生活リズムを整えるのにも効果的。

不眠の理由に思い当たることがなく、夜眠れない、という方は、晴れた日の朝、ご自身が少し早いなと思う時間に15〜20分程度のお散歩をすると改善されるかもしれません。

 

ただ、様々な良い効果のある朝のお散歩ですが、睡眠時間を削ってまでやることではないですし、二度寝の幸せもありますので、個人的には心と体が必要とした時にするのがいいと思っています。

 

本日も「happy method」をお読みくださり、ありがとうございました。

今日も幸福にあふれた素敵な1日となりますように。

 

 

 

カテゴリー
幸せに関すること 習慣

ネガティブ思考の方におすすめの「幸福感度を高める習慣」

 

f:id:emu777:20180417111109j:plain

 

おはようございます。

今週、「習慣に関すること」をブログに書いていたら、ある方から「何か始めたいんだけど、何をすればいいのかよくわからないんだよね」という話をうかがいました。

多くを習慣にしたいと願っている欲張りな私には少々驚きでしたが、確かに、物理的にできることも限られますし、「今よりも自分を高めたいけれど何がいいのかよくわからない」という疑問は普通のことなのかもしれません。

そこで本日は、改めて私も習慣に取り入れた「幸福感度を高める習慣」をご紹介したいと思います。

少しの意識と少しの時間があればできるこの習慣は、気づけばネガティブ思考になってしまっていてお悩みの方、ネガティブ思考を変えたい、という方にとってもおすすめです。

 

「何をすればいいのかわからない」というあなたにおすすめの習慣

「何か新しいことを始めたいけれど何をすればいいのかよくわからない」。

そう思っている方におすすめの習慣、それは「感謝する」ことです。

冒頭にも書きましたが、特にネガティブ思考でなんとかそんな思考癖を変えたい、と思っている方におすすめです。

 

今、習慣化に向けて参考にしている書籍『ハーバードの人生を変える授業』にも一番最初に書いてあることなのですが、その要点をまとめると、

・毎日1~2分、感謝する時間をとると、何もしない時と比べて人生を肯定的に評価できるようになり、幸福感が高くなり、ポジティブな気分を味わえるようになる。

・感謝をしていた人々は最終的によく眠れるようになり、より多く運動するようになり、身体的不調が減る。

・ちょっとしたことでいいので、毎日感謝できることを5つ挙げてノートに書き留める。

・このワークを習慣にすることで、幸せになるために特別な出来事を必要としなくなる。 

 

個人的には、「感謝の習慣」は上記のような方法ではなくても、意識して毎日続けることができれば、自分なりに継続しやすい方法でいいのかなと思います。

例えば…

・感謝できることをスマホにその都度メモする。

・1日の終わりにその日を振り返って感謝できる出来事をノートに書き出す(上記と同じですが、数の制限は設けない)。

・就寝前にベッドの中で今日1日に感謝できたことを思い出す。

・1日の始まりに今感謝できることを思い浮かべる時間を作る(これはある韓流スターがインタビューで習慣にしていると言っていたことです)

 

また、毎日は難しい、という方は、満月の日(ほぼ月に一度)に行うのも効果的だと思います。

以前、こちらの記事にそれらしきことを書いていたので、「満月の過ごし方 感謝」の箇所をご参考ください。

 

www.happy8healthy.com

 

具体的な感謝の内容については、以前こちらの記事の「感謝のワーク」のところで書いていたので参考までに。

他人に親切にされたことなどは比較的簡単に感謝できることとして認識できると思うのですが、「感謝できること」を意識していないと、日によっては感謝できることがなかなか見つからない時があります。

そんな時、私は苦肉の策(?)として、「駅のホームに行ったらちょうど電車が来て待たずに乗れたこと」とか、 「歩行時、信号待ちをせずにスムーズに歩くことができたこと」など些細な運のいい出来事にも目を向けて「感謝できることの数」を増やしていました。

 

www.happy8healthy.com

 

このワークはある種、物事に対するフォーカスを変え、出来事に対する自分の解釈を変える訓練なのかなと思います。

ネガティブな方ほど変化を実感するのに時間がかかると思いますが、少しずつですが必ず定着していきます。

 

実はこの習慣、私自身、以前からやっていることなのですが、何かに集中しているときや時間に追われて忙しく過ごしているとついつい忘れてしまうんです。

ですので、断続的に行っていることではあるのですが、私もまだ理想の頻度の習慣にはできていなかったりします。

良かったらこの機会に一緒に習慣化してみませんか? 

 

最後に、アメリカの有名な司会者・オプラ・ウィンフリーと、前述した『ハーバードの人生を変える授業』の著者、タル・ベン・シャハーの言葉をご紹介して終わりたいと思います。

意識を向けるものは拡大するため、恵まれた部分を考えれば、人生はもっと良くなります。何が起きようとも感謝できるようになると、チャンスやいい人間関係、お金までもがもっと流れこんでくるようになりました。

(テレビ番組司会者 オプラ・ウィンフリー)

 

幸福というものは人生における客観的な出来事で決まるのではなく、出来事をどのように解釈するかという主観的な心の動きによって決まるもの。

〈中略〉

同じ出来事であるにもかかわらず、解釈によって意味が変わってくるのです。

悲しみやつらい感情に免疫がある人間はいません。しかし、どのような状況でもそこによい部分を見つけられる人たちがいます。彼らは他の人の成功を自分のことのように喜ぶことができますし、挫折をチャンスに変えるコツを知っています。

(『ハーバードの人生を変える授業』著者 タル・ベン・シャハー)

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

感謝の習慣が皆さまの幸福感度を高める一助となりますように。

 

 

カテゴリー
習慣

新習慣を継続&定着させて習慣化させるコツ

f:id:emu777:20180415203758j:plain

昨日のブログの続きです。

 

www.happy8healthy.com

牡羊座の新月の今は新しいことを始めたり、新習慣を取り入れて定着させやすい時期。

でも、何かを習慣にするってなかなか難しいもの。

三日坊主や、ひどい時にはその翌日にはうっかり忘れてしまってやる気が失せてしまう…なんてこともありますよね(私のことです)。

後で触れますが、「変化する」ことは非常に難しいとする研究結果も数多くあるとのこと。

また、人間にはホメオスタシスという、一定の状態を保ち続けようとする機能が備わっているので、新しいことをなかなか習慣化できないのは、意思が弱いからではなく、習慣にするまでの方法が適切ではないからなのではないかと思います。

そこで本日は新しい習慣を定着させる方法について、備忘録も兼ねてまとめてみたいと思います。

『ハーバードの人生を変える授業』という本に書いてある「習慣化する」という項目のテクニックがとてもわかりやすく簡単だったので、まずはその書籍を参考にします。

その本によれば、「変化するために必要なのは、自制心を養うことではなく、習慣を取り入れること」だそうです。

『成功する人の考え方』という本にも、 「人は新しい決意をしても習慣によって過去の思考に逆戻りしてしまう」ということが書かれています。

やはり、何かを習慣化させるには「気持ち」ではなく「適切な方法」が必要なようです。

 

『ハーバードの人生を変える授業』の「習慣化する」の項目の要点まとめ

・「変化する」ことは非常に難しいという研究結果は数多くある。

・最初に何かを習慣化することは難しいけれども、習慣を続けることは比較的簡単。

・一流のスポーツ選手が筋トレや練習を習慣にしているように、私たちが歯磨きを習慣にしているように、それと同じことをしてみることがポイント。

・習慣をつくるには、確固たる価値観に基づいて「決められた行動」を「特定の時間」に行う。

・幸せになりたい方は、その思いを中心に習慣をつくる。

・新たな習慣を1~2つ決め、習慣にすることを決めたらスケジュールに入れて実行する。

・新習慣が無意識にできるようになるまでは新しい習慣を取り入れないようにする。

・1か月ほど続ければ新習慣は歯磨きと同じくらい簡単なことになる。

・変化は緩やかな方が好ましいので焦らずに。

 

以上が基本の習慣化のコツ。

そして以下は私なりのアレンジです。

 

今までの経験上、新しい習慣には「すぐに習慣化できるもの」、「なかなか定着せずにふとした時を境に忘れてしまうこと」、「継続が難しく諦めてしまうこと」の3つに分けられるのではないかと思います。

すぐに習慣化できることというのは、「始めてすぐにとても良いと思えたこと(その心地よさや快感を忘れないため、継続できるのだと思います)」、「すでに習慣となっていることに付随すること(こちらも忘れにくい)」などが挙げられると思います。

でも、多くの場合、習慣化したいと思うことというのは、簡単には継続できないことではないでしょうか?

そんな習慣を継続するのにおすすめなのがこちら。

 

レコーディングする

お忙しい方にはひと手間ですが、行動記録をつけると行動の意識付けがされ、同時に達成感も生まれやすくなります。

おすすめは月ごとにそれらのアクションが一目でわかるように記録すること。続ければ続けるほどやらないこと(記録しない欄ができること)が怖くなりますが…3日に一度できない日があってもOKにする気持ちでいる方が長期的な継続につながると思います。

 

心地よく楽しくできる工夫をする

心地よさや快感を伴う行動というのは、意識しなくても自然とできることが多いので、習慣を行動に移す動機付けを自分なりに増やすと行動しやすくなります。

「快」の感情がポイントです。

 

合わないと思ったら無理をしない

なお、生活習慣に関することについては、継続にどこか無理を感じた場合、もしかしたらそれはご自身の体質に合わないことかもしれないので、無理に続けるのはやめた方がいいことも。

具体的には睡眠に関すること(就寝時間や起床時間、睡眠の時間帯や長さなど)、食事に関すること(食べる物、量、回数、時間など)、運動に関すること(運動自体の有無、運動の種類、回数、時間など)です。

これらは一般的に良いとされるデータ(早起きや規則正しい3食の食生活、20分以上の有酸素運動など)がありますが、人間にはそれぞれ体の個体差がありますし、生活のリズムや習慣などにも大きな違いがあるため、自分に合うものやことは少しずつ違うものです。

ですので、新しい習慣を試してみて、効果を感じなかったり逆に心身に辛さが出てしまう場合はその習慣をやめて、別の方法を考えることをおすすめします。

 

おわりに

『ハーバードの人生を変える授業』には、他人に限らず自分への約束を守ること、約束を果たすことは、自己信頼感を高める良い方法だという記載もあります。

・自分の発言を尊重することは、自分自身を尊重することになる。

・自分の言ったことを実行するのは自己信頼感を支える本質的な柱のひとつ。

・口に出したことを実行していけば、自然に自己信頼感は高まる。

新しい習慣の中にはなかなか習慣化することが難しいものもありますが、習慣化に必要だと言われている21日間、まずは「続けてみること」にフォーカスをしてがんばりましょう。 

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまの新しい習慣がスムーズに身につきますように。

  

今回、参考&引用させていただいた書籍はこちら。

 

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

 

 

カテゴリー
月に関すること 習慣

新しいことを始めるなら今日から!新習慣スタートに適した牡羊座の新月

f:id:emu777:20180415132245j:plain

 

今日、4月16日(月)10時57分は牡羊座の新月です。

新月は「新月の願いごと」をしたり、新しいことを始めたりするのに適している日。

特に、牡羊座は12星座の始まりの星座なので、牡羊座の新月である今日は「新しいことを始めて習慣化する」のにとてもいいタイミングです。

また、牡羊座の新月のそばには天王星がいることから、今回の新月のテーマには「誕生」「スタート」「進化」「自己超越」「挑戦」「新たな成長」などがあるとのことで、なんだかとてもパワフルなスタートがきれそうな予感がします。

4月は新しい始まりの多い時。

新しく始めたいことがある方、習慣化したいことがある方は、この機会にぜひ今日から始めてみてください。 

 

なぜ新月は新しいことを始めるのに適しているの?

ところで、なぜ新月の日に何か新しいことを始めるといいのでしょうか?

それは以下の2つの理由から。

 

①「変化する」ということは実はとても難しいから

多くの方がご経験のあることだと思いますが、今までの習慣を変えたり新しいことを始めるのはかなり大変なことです。

『ハーバードの人生を変える授業』という本にも

「変化する」ことは非常に難しいとする研究結果が数多くあります。

ということが書かれています。

なぜ難しいかというと、理由は諸説あるようですが、個人的には、人間には恒常性(ホメオスタシス)という一定性を保とうという傾向があり、その影響が思った以上に強いからだと思っています。

ホメオスタシスは主に身体機能の健康に関する説明の際に用いられる言葉で、ホメオスタシスが備わっていることにより人は健康な状態を維持できているのですが、このホメオスタシスが働くことで、「以前の状態に戻ってしまう=新しいことを継続できない=三日坊主」となってしまうのではないでしょうか。

 

②人間は月の影響を受けて生きているから

人の身体は50%~70%(最近目にするデータの数字にバラつきがあるので、その中の大体の平均値です。子どもはもう少し多くなります)が水でできているため、知らず知らずのうちに月の影響を受けて生きています。

どこまで信憑性があるかははっきりとはわかりませんが、満月になるとむくみや体重増加が増える、感情が昂ぶりやすい、出産が多くなる、出血しやすいため手術は危険などの研究結果もあるとのこと。

ですので、この月の力(引力)を借りることで、これから月が満ちていくように新しく始めたことも継続できるのではないでしょうか。

 

つまり、「変化するということは難しいことだから、月の力を借りていつもより少しだけスムーズに習慣化できるようにする」ということです。

 

具体的にはどうすればいいの?

前出の『ハーバードの人生を変える授業』では、新しい習慣を実行するにあたり、2つのポイントを挙げています。

 

①1度に取り入れる新しい習慣は1~2つまで。

②上記を無意識にできるようになるまでは新しい習慣を取り入れないこと。

 

一般的に物事を習慣化するには3週間が必要だと言われています。

余裕を持って1か月で習慣化するようにすれば、また来月は新しい習慣を始めることができてご自身をどんどん成長させ、高めていくことができそうですね。

 

また、何か新しいことを始めたいけれど何をすればいいかがよくわからない、2つに絞り切れない、という方は、少し考える時間を作ってみるといいかもしれません。

『ハーバードの人生を変える授業』では「今以上に自分が幸せになれそうだと思う習慣」をおすすめしています。

新月のパワーが強いと言われているのは今日と明日の2日間。

この2日間で新習慣を決めてスタートを切れば問題ありません。

短時間でも、考える時間をとって考えを巡らせてみてください。

2日間では決められなかった方も、上弦の月の間(23日ごろ)までにスタートを切れば、1週間は月が満ちていく力を借りることができますよ。

今月は4月30日(月)祝日、午前中に満月になるので、この機会を逃してしまった方は、5月15日(火)の夜に訪れる新月に照準を合わせると良いのではないかと思います。

 

ここ最近、なんとなく不調でモチベーションが下がり気味な方は?

3月から4月にかけて環境の変化や慌ただしさを感じる一方で、なんとなく停滞感を抱いていた方も多いかと思います。

それは、3月23日(金)から始まった水星の逆行の影響かもしれません。

水星が逆行している時期は、物事が停滞・後退したり、コミュニケーションがうまくとれなくなって混乱するなど、トラブルが起きやすいと言われています。

けれども昨日4月15日(日)に順行へ戻りました。

多くの方が清々しい気持ちで新たなスタートを切れるのではないかと思います。

 

今回、ところどころで引用させていただいた書籍はこちら。

 

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

 

遅ればせながら読みまして、かなり影響を受けました。

私の解釈では「幸福になるための習慣」がロジカルに書かれている本です。

こちらの書籍についてはまた改めて、別の形でご紹介できればと思います。

(が、気になるという方はぜひお読みください。

ご自身で読んで必要なエッセンスを取り入れてもらった方が有用かと思います。

2010年発売なので、図書館でもすぐにレンタルできるはずです)。

 

私も今日からまた新たな習慣を取り入れる予定です。

無理なく心地よく、さらに幸せに向かっていける習慣が自然な形で身につくといいですね。

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

牡羊座の新月からスタートした皆さまの新たな習慣が定着して実り、スムーズにご自身の幸せへとつながりますように。

 

新月の願い事のやり方についてはこちらをご参考ください。

www.happy8healthy.com

 

 

カテゴリー
習慣

ハッピーブルームーンで月光浴

f:id:emu777:20180331225143j:plain

 

今日はブルームーン。

3月2度目の満月です。

満月には不思議なパワーがあるそうですが、ブルームーンには特に「見ると幸せになる」という言い伝えなどもあるそうです。

 

最近、満月の日には月光浴をするようになりました。

1月末の満月の日、帰り道、歩きながらとても心地よかったのがきっかけでした。

それ以来、と言ってもまだ数回ほどしかありませんが、月光浴をしています。

今まで意識したことはなかったのですが、満月の日の月光浴はなんとなく身体に心地よい感覚があるのです。

 

満月は、自宅の窓から見えることもあるので、そんな時は部屋の電気を消し、カーテンを開けて、窓越しにしばらく眺めています。

直接外にいる時よりは何か物足りない気もしますが、それでも、満月の月光を感じることができるんです。

今日は体調が悪かったのですが、自宅で窓越しに月光浴をしていたら元気になって、ちょっと驚きました(※個人の感想です)。

実際のところ、満月に治癒的なパワーがあるのかはわかりませんが…あったとしてもおかしくないなと思えるのが満月の神秘、でしょうか。

せっかく元気になったので、そのままちょっと外出して月光浴してきました。

月の光に、今日もまた力をもらえた気がしました。

 

皆さんにもブルームーンの不思議なパワーが届きますように。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

素敵なブルームーンをの夜をお過ごしください。

 

 

カテゴリー
習慣

「春分の日」を自分が変わるタイミングのひとつに

 

明日は春分の日。

春分の日といえば、私の中では最近までただの祝日でした。

それが変わったのは、何かの記事で、春分の日は太陽が魚座から牡羊座に移動する日で、占星術のサイクルでは1年のスタートだということを知ってからです。

春分の日を境に昼間の時間の方が長くなり(厳密にはすでに昼間の方が長いそうなのですが)、いよいよ春、というこのタイミング。

不要な物を処分するとか、お墓まいりに行くとか、ぼた餅を食べるとか、色々と縁起の良いアクションもあるようですが、私は毎日継続できるような新しいことをひとつ、始めることにしました。

 

何かを始めようと思ったり、成長しよう、変わろう、と思うことはわりと簡単。

でも、それを実際に行動に移し、さらに継続していくことってけっこう難しかったりします。

日々の行動となると、一度習慣にしてしまえば意識しなくてもできるようになりますが、習慣にするまでが大変。

忙しい時だと、やる必要性を感じなくなって時間を作ることをやめてしまったり、やろうと思っていたこと自体を忘れてしまったり。

「新しく始めよう」と思ったことって「やるぞ!」と意識している時点で今までやらなくても問題なかったことが多いから、自分の中で「やる必要性」のモチベーションも保つ必要性があるので難易度が高かったりします。

だから、天体や宇宙の節目に合わせて自分も一緒に切り替えることで、同じサイクルの波に乗れないかな、と、ふと思ったんです。

 

始めよう、始めたいと思ったことは、始める理由も目的も実はまだ曖昧。

でも、ふと浮かんだアイデアの種のようなものを何となくで育ててみることにも何か意味があるかもしれない、と思う自分がいます。

明日もあいにくのお天気のようですが…。

明日から始めることが1年後、気負うことなく習慣として続けていられる自分がいますように。

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

年に一度の春分の日、皆さまにとっても有意義な1日となりますように。

 

 

カテゴリー
エッセイ 幸せに関すること 習慣

ハッピーアクション②心が喜ぶことで自分のハートと時間を満たす

f:id:emu777:20180120125812j:plain

 

先日、小さな発見がありました。

今年は全身を使った運動を新しく始めたいなと思い、トランポリンを使ったフィットネス「JUMP ONE」のトライアルレッスンを受講した時のことです。

「JUMP ONE」は、大音量の音楽をかけた暗闇の中、クラブのような空間でトランポリンを使ったフィットネスを行うのですが、これが、思っていた以上に精神面で良い効果があって、終えた直後はそこまで何も感じなかったのですが、気づけばいつもよりも前向きで積極的な精神状態が翌日まで持続していたんです。

もともと私は大音量で音楽を聴くことも、クラブで踊ることも好きな方ですし、トランポリン自体も、統計的に多くの方が楽しめる運動とのことなので、幸せな感覚になるのは決して不思議なことではないのですが…。

瞬間的な気持ちの高揚や短期間のモチベーションアップはあっても、翌日まで持続したことはありませんでしたし、何より無自覚だったので、その「自分にとってのいつもより高いレベルでの心地よさの持続」が、私にはとても新しい感覚でした。

そしてそれは、

・幸せな状態(いつもより居心地が良いと自覚できる感覚)で長時間いることは意外と簡単

・自分次第で、幸せな状態を長く続けるというコントロールは可能

という発見にもつながりました。

 

また、今回の私の場合でいうと、通えば通うだけ幸せになれるということ。

つまり、その幸せな感覚でいられる時間を1分でも多く、1時間でも多く、1日でも多く作るための行動ができたら、さらに人生が楽しく、幸せに生きることができるようになるということに改めて気づかされました。

 

今回の幸福感は、日々の小さな幸せと、奇跡のような大きな幸せのちょうど中間にあたるものだと思うのですが、このレベルの幸福感には

・自分1人の力でも得ることができるので、幸せに向かっての行動が自発的にできるようになる

・幸福感が大きいので、自分が不幸になる物事や要因がはっきりとして、そこから遠ざかるアクションができるようになる

というメリットがあります。

 

幸せには「幸福順応(幸せに慣れてしまうこと)」があるので、機械的に同じことを続けていても、次第に幸福感度は薄れていってしまうと思いますが、自分で幸福度をコントロールすることは可能です。

まずはご自身の幸せの種…楽しいこと、ワクワクすること、嬉しくなれること、リラックスして心地よくなれることを、たくさん見つけてみてください。

今回の私の場合は運動でしたが、好きな物・おいしい物を食べるなどは、比較的簡単にできると思います。

そして1日の中で、少しでも多く、その幸せに触れる時間を意識して作ってみてください。

日々の幸福感がぐっと上がると思います。

そしてその幸福感の連続は、さらなる幸運を招いてくれるのではないかと思います。

 

もちろん、気持ちが落ち込んでしまっている時って、何かをする気力をなくしてしまいがち。

そんな時は、気持ちの沈みを静かに受け止めたり、感じたり、向き合ったりする時間も大切だと思います。

でも、そろそろ立ち上がって前に進もう、そう思える時がきたら、ハッピーアクションを起こしてみてください。

幸せはある程度自分でコントロールをすることができます。

心が喜ぶことで自分を満たせば、それはもう「幸せ」になっている状態です。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまが幸せな気持ちで過ごせる時間が、瞬間が、日々増えていきますように。

 

 

カテゴリー
習慣

「頑張りたいこと」は心身の調子が良い水曜日午前中に行う

 

おはようございます。健康管理士一般指導員のemuです。

今日は水曜日。
人間が健康に生きるための体のリズム「体内時計」の観点から見ると、水曜日は1週間の中で心身ともに最も機能が高まり、活動的になれる日だということをご存知ですか?

本日は、水曜日にパフォーマンスがアップする体内リズムの仕組みについてご紹介します。新年度、新たな目標を立てた方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

体内時計(体内リズム)とは

人間の体の中には健康的に生きるための体のリズムをつくる「時計遺伝子」という遺伝情報があります。朝になれば自然と目が覚め、夜になると眠くなる…。このような日常の体のリズムを「体内時計(体内リズム)」と呼んでいます。

体内時計は主に5種類あると言われ、体内時計は体内で同時に働き、生活リズムをつくっています。5種類ある体内時計の中で、1週間(7日間)を周期とするリズムは「週間リズム」です。

 

週間リズムとは

月の満ち欠けに基づく暦との関係があると考えられている、1週間(7日間)の周期的なリズムです。月の暦を4等分して、新月、上弦の月、満月、下弦の月が繰り返すことにより体のリズムに影響すると言われ、その代表的なものが血圧。血圧は1週間の中で変動があると言われています。

また、この週周リズムは学校や会社など社会面でも関係があると言われ、1週間のスケジュールで運営されている学校や会社のような社会システムにより、徐々に1週間を区切りとする生活が定着したと考えられています。

 

週間リズムと身体機能の関係

1日の摂取エネルギー(食欲)と消費エネルギー(活動量)の週周リズムを調べたデータによると、休み明けの月曜日は摂取エネルギー(食欲)も消費エネルギー(活動量)も低下するため能率が悪くなりがちですが、徐々に体の機能は高まっていき、水曜日になると摂取エネルギー(食欲)も消費エネルギー(活動量)もピークに達するため、体のリズムが整い、パフォーマンスが高くなると考えられます。

そして、水曜日を境に、摂取エネルギー(食欲)も消費エネルギー(活動量)も下がっていき、月曜日が最も低下します。

 

水曜日午前中がベストコンディションな理由

上記の理由から、水曜日が身体面では最も活動的になれる時だということがわかります。ただし、1週間の曜日ごとの疲労感を調べた結果では、水曜日の午後から木曜日の午後は疲労を強く感じやすく、反対に、1週間分の肉体的な疲労が蓄積しやすい金曜日の夕方から土曜日にかけては回復すると言われています。

このように、身体面・精神面での疲労の感じ方は異なり、水曜日の午後は身体面では機能が高まっていても、精神的な疲労感を認識し始めてしまうため、水曜日の午前中が1週間で一番、心身ともに活動的で高いパフォーマンスを期待できることになります。

「頑張りたいこと」がある方は、水曜日の朝から午前中の時間を意識してスケジューリングしてみてください。

個人的には、水曜日は摂取エネルギー(食欲)も消費エネルギー(活動量)も高まる時なので、ダイエットや食事制限などを行っている方は、水曜日をお休みの日に設定するのもいいのではないかと思います。ダイエットをしている方は、摂取エネルギー(食欲)も消費エネルギー(活動量)がほぼ同じになる金曜日もおすすめです。

目的に合わせて体内リズムをうまく活用してみてくださいね。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。
皆さまが体内リズムを上手に活用して、幸せに目標を達成することができますように。