カテゴリー
未分類

幸せに生きるために必要な「幸福感度」を高める方法

f:id:emu777:20180512002011j:plain

 

前回、「幸せの定義」のところで触れましたが、幸せを感じるためには「幸せに対する感度(幸福感度)」を高める必要があります。

幸福感度を高めることで、いつもと何ら変わらない日常の中でも幸せを感じる機会を増やすことができるのです。
本日はこの「幸福感度」についてまとめてみました。

 

 

 

幸せな人が備える「幸福感度」とは?

同じ体験や同じ状況に直面しても、人によって、その物事への感じ方は違います。幸せだと感じる人もいれば、そうではない人もいるでしょう。これは、幸せに対する感度が高いか低いかの違いです。
例えば、通勤途中で電車が運休になってしまったとき。振替運行もなく、1時間以上の足止めが予想できたとします。そんな時、あなたはどんな気持ちになりますか?
カフェでゆっくりお茶ができる、ラッキー♪などと思える方は、思いがけないトラブルに対しても柔軟に対応できる幸せ感度の高い方。反対に、急いでいたのに1時間も無駄にしてしまい運が悪い、などとイライラしたり、やきもきしながら運行再開を待ってしまう方は、(日本では至って普通の感覚ではあると思うのですが)、幸福感度を比較する上では残念ながら、前者と比べると幸せ感度の低い方、ということになります。
日々起こる出来事や環境、日常の些細なこと。それがどんなことであっても、自分にとって適切な範囲で楽しみや感謝の気持ち、幸せや満足感を見出せる人。それが、「幸福感度の高い人」です。 

 

幸福感度を高めるには? 

幸せを感じるためには、今より幸福感度を高めることが必要です。幸せを感じられない理由は、幸せな状態でないからではなく、幸福感度が弱くなっていて幸せに気づけていないだけなのかもしれません。
次のことを意識して実践することで、幸福感度は高めることができると言われています。

【精神面】
・自分のことをきちんと知り、理解する。
・自分らしさを認め、受け入れる。
・自分を肯定し、否定はしない。
・自分の短所ではなく、強み、長所にフォーカスする。
・世間の常識や他人の価値観ではなく、自分の価値観、自分軸で生きる。
・自分にとって何が幸せなことかを知る。
・意識して感謝できることを探す。
・心をリラックスさせる時間を作る。

【身体面】
・自分の体が喜ぶことをする。
・日常生活の中で、気持ち良さ、心地良さを大切にする。
・五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)を意識して使い、五感の感度を高める。
・体をリラックスさせる時間を作る。

 

幸福感度が弱まってしまう時

反対に、幸福感度が極端に弱まってしまう時もあります。それは、心が緊張している時。緊張は、幸せを感じる余裕を奪ってしまいます。
特に悩みや不安、心配事がある時というのは心が過度に緊張していて、幸せを感じることが難しくなっている状態。逆に言えば、自分の不幸を実感しやすくなっている状態とも言えます。
そんな時は、自分の不幸を悲しむ前に、まずは一度、心を落ち着けてリラックスすることを心がけてみて。簡単なことではありませんが、今この瞬間の気持ち良さや心地良さに意識を向け、その感覚を大切にすることで、心にゆとりができて、「辛い、苦しい」だけの状況から離れることができると思います。

 

幸福感度を高める「心と体の状態」

幸せに生きるために必要な「幸福感度」。幸福感度を高めるためには、まずは心と体が健康であること、健やかな状態であることが大切です。特に重要なのは精神状態。けれども感情をコントロールするのはなかなか難しいことですので、気持ちを変えることがすぐには無理だと感じた場合は、まずは体をリラックスさせたり、体の心地よさを追求してみてください。心と体は密接に関係しているので、体がほぐれてリラックスすれば、心も少しずつほぐれていきますよ。

起こる事実はひとつ。そこに善悪はありません。ただ、自分がその出来事をどんなふうに解釈して自分の体験として受け入れるか、それだけです。
幸せな毎日を生きるためにも、心と体の状態を調え、幸福感度を高めていきましょう。

 

本日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。
皆さまが日々穏やかな幸福を感じながら幸せに過ごすことができますように。

 

 

カテゴリー
未分類

幸せになりたいあなたへの処方箋~幸せとは何か、幸せの定義とは?

 

辛いとき、苦しいとき、悩みがあるとき。

それから…何気ないふとした瞬間でも。

「幸せになりたい」。

そんなふうに漠然と思うことってありませんか?

何か劇的な不幸があったわけでもないのに、リア充な他人と比較して「なぜ自分は幸せじゃないんだろう、なぜ幸せになれないんだろう」と思う。

仕事にやりがいがあれば、もっとお金があれば、彼氏がいたら、結婚できたら、夢や願いが叶ったら…と、ないものばかりに目がいってしまい、その渇望を埋めるように、幸せになりたいと常に願ってしまう…。

そんな経験、ありませんか?

少し前までの私がそうでした。
気づけば他人と比較して、自分の至らないところやないものにばかりフォーカスして、いつも「幸せになりたい」「どうすれば幸せになれるんだろう?」と考えてしまっていました。
でも。

皆さん、「幸せ」って何かご存知ですか?

「幸せになりたい」そう思う方の多くが、実は、幸せとは何か…「幸せの定義」とでも言うのでしょうか。「幸せ」に対する認識を誤認していることがほとんどです。
もしかしたらこのブログを読んでくださっている方の中にも、「幸せ」に対する認識を誤ってしまっている方がいらっしゃるかもしれません。

幸せになるためにはまず、「幸せとは何か」を知る必要があります。幸せとは何かがわかれば、きっと、自分が過剰な期待をしてしまっていたことに気づき、拍子抜けというか肩の力が抜けるというか…不安や焦りばかりだった気持ちが、ふっと楽になると思います。

 

幸せとは?

「幸せ」「幸福」は、辞書では以下のような意味になります。

幸せ(仕合わせ)

①運が良いこと、巡り合わせが良いこと。うまくいくこと。幸運。幸福。

②巡り合わせ。運命。

③物事のやり方。事の次第。

幸福/ハピネス

満ち足りていること。不平や不満がなく、楽しいこと。幸せ。喜び。満足。

 

幸せの定義

それでは、幸せの定義とは何でしょう?

幸せの定義は様々で、時代や国(国民性や文化)によって違うようです。もちろん、個人レベルでも変わってきます。

国民幸福度が高いと言われ、経済的な成長よりも心の豊かさを示す「幸福度」を重視し、GNH(Gross National Happiness/国民総幸福量)を国の政策に活用しているブータンでは、幸せを自分で定義している人も多いそう。

ですので、幸せの定義は「個々でつくるもの」「人それぞれ違うもの」ということが大前提になります。

また、下記も重要なポイントです。このような認識はなかった、という方も意外と多いのではないでしょうか。

1.幸せは「なる」ものではなく「感じるもの」。
2.幸せとは、幸せだと思ったり実感している「心の状態」。
3.幸せな状態とは、現状に満足し、それ以上望むことはない、という心の状態。
4.幸せは他人から与えられるものではない。
5.幸せな人とは、幸せに対する感度が高い人。
6.幸せだと思うのも、不幸だと感じるのも、すべては自分次第。
7.視点を少し変えるだけでも、今すぐ幸せを感じることは可能。

 

考え方と視点を変えれば今すぐ幸せになれる

以上が、今まで私が誤認し改めて知った「幸せ」に関することです。

大きな変化が起こらないと幸せにはなれないようなイメージがある方も多いと思いますが、何か大きな変化を起こさなくても、今すぐ幸せになることは可能なんです。

でも、それにはまず「自分の幸せに対する認識を改めること」が必要。そして、おそらく今までとは違う考え方や視点、価値観で物事を見て捉える必要があります。

なんて、こうして文字にすることは簡単ですが、実際にはなかなか難しいこと。なぜなら思考の癖や価値観は簡単には変えることができないからです。(だから私も継続的には幸せを感じることができずにいるのかもしれません…)。

ただ、ある研究によると、幸福感というのはある程度、自分の意思でコントロールすることができるものなんだそう。そのためには、

自分の物事の見方や捉え方、感じ方を変えること。
そして、「自分にとっての幸せとは何か?」を明確にすること。

それが、幸せになるための第一歩のようです。

このブログを読んでくださっている方の中には、今ある幸せに気づけていなかっただけ、という方もいるのではないかと思います。幸せの定義を変えた状態で、もう一度自分にとっての幸せとは何かを考えてみてくださいね。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

皆さんが日々の生活の中で、たくさんの幸せを見つけることができますように。

 

 

カテゴリー
エッセイ 幸せに関すること

「Happy Method~幸せに生きる方法~」このブログについて

数年前、事故に遭い、一時期動けなくなったことを機に、私の人生は一変しました。

事故自体は大したものではありませんでしたが、数か月後に事故の後遺症と思われるむち打ちの症状が出て首が動かなくなり、自力で頭を持ち上げることができなくなりました。結果、仕事を失い、その年はほとんど働くことができない状態に。症状が出た時期が遅かったため、保険もおりず、自費で通院することになりました。念願のフリーランスとして活動を始め、もうすぐ1年、という時期でした。

 

その後も、完治したかと思うころに、寝違えのような形でまた1、2週間ほど、首の痛みや首が動かなくなるという症状が出ることがあり、仕事を辞めざるを得ない状況もありました。通院していた時、医師から「一生付き合っていかなければならないもの」と言われていたので覚悟はできていましたが、それでも、動けず何もできなくなる自分に何度も心が折れました。字を書くこと、そんな子どもでもできるあたり前のことさえできない自分を、ただただ無能で無価値に思いました。

 

今では後遺症が出て動けなくなることもほとんどなくなり、事故のことはひとつの転機として前向きに受け止めることができるようになりました。けれども、突然動けなくなる恐怖やあたり前のことができなくなる恐怖、仕事を失う恐怖、自分には価値がない、何もできない、という自己否定や絶望感…そんな負の感情による「気持ちの後遺症」には未だに悩まされ、そのたびに誰かと何かを比べては、自分を否定し、蔑み、幸せになれない自分、幸せを渇望する自分や、今まで以上に強力なネガティブ思考になった自分を顕著に感じるようになりました。

そして、「早く幸せになりたい」という、強迫観念にも似た思いに突き動かされるようになりました。

でも、幸せっていったい何…?

どうやったらなれるものなの…?

 

「幸せ」を追い求めるうちに、私は少しずつ何かが違うこと、ずれていることに気づき始めます。そして、知りました。幸せはいつもすぐそばにあることに。幸せになる方法・幸せに生きる方法は実はたくさんあり、私が思っていた以上に簡単だということに。そして、そのためには何よりもまず、「自分の心と体の状態が健康である必要がある」という答えにたどり着きました。

 

幸せになるために必要なことというのは、つきつめていくと本当にシンプルです。

「自分にとっての幸せ」とは何かを知ること。
「自分は幸せだ」と自分自身が感じ、思えるようになること。

そしてそのためには、幸せをきちんと感じることができる心と体が必要なんです。心と体が健康でなければ、幸せを感じることは難しくなります。でも、心と体を健康な状態にしていれば、極論、一瞬で幸せになることも可能なのです。

個人的な不運体験から始まった「幸せ探し」ですが、このブログでは、「生活リズムアドバイザー」「健康リズムカウンセラー」「健康管理士一般指導員」として得た知識を元に、幸せをきちんと感じることができる心と体を作るための方法を中心に、「幸せ」を追求する過程で私が知り、学んだこと・感じたことを織り交ぜながら、幸せに生きるためのTipsをまとめていこうと思います。

 

本来あるべき状態に心と体を調え、今とは違う考え方や習慣を身に付けることで、より幸せに生きる方法。それが「Happy Method」。

もちろん、人には個人差・個体差がありますので、すべての方に当てはまることではないと思います。けれども、健やかな心身は幸せを引き寄せることができます。

昔の私のように、幸せになりたいと願っている方、でも、がんばっているのに何も変わらない、どうすればいいのかわからない、現状に幸せを見出すことができず、生きるのが辛い、苦しい…そんなふうにお悩みの方に、ここでご紹介するTipsが1つでもお役に立てば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

皆様がご自身にとっての幸せを見つけることができますように。
その幸せをきちんと感じることのできる心と体の状態を保つことができますように。 
そして、「今ここにある幸せ」「無限に存在する幸せの種」に気づき、幸せを感じることができますように…。

 

 

カテゴリー
未分類

プライバシーポリシー

 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

このサイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することができますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

この規約に関する詳細は、こちらまたはこちらをクリックしてください。

 

当サイトに掲載されている広告について

このサイトでは、第三者配信の広告サービス(Google AdSense、 AmazonアソシエイトA8.netiTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。

このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。